TOPへ戻る

  • 歯周病治療
  • 歯周病の症状
  • 歯周病の治療
  • インプラント
  • ドクター紹介
  • 検査・治療プラン
  • 医院紹介
  • アクセス

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病の進行に合わせた適切な治療法

歯ぐきが少し充血したような赤い色になり、腫れて丸みを帯びてきます。
患者さんによる歯磨きと、歯科医院における歯石除去がメインとなります。

軽度歯周病の治療について詳しく見る

骨が溶けて歯ぐきが後退して歯が長くなったように見えます。
また、歯がぐらぐらし始め、ものを噛みづらくなってきます。

中等度歯周病の治療について詳しく見る

 

歯を支える骨の3分の2が失われ、もはやしっかりと噛めません。歯と歯ぐきの間から膿みが出て、口臭も強くなります。

⇒ 再生療法
⇒ 歯周外科
⇒ 歯周補綴
⇒ フルマウスディスインフェクション

重度歯周病の治療について詳しく見る

 

是非一度、検査・診断だけでも受けていただければ、必ずお力になれると思います。

初めての方へ

負担やストレスを感じやすい治療について、静脈内鎮静法という麻酔技術で無痛治療を行っています。

無痛治療・静脈内鎮静法

根分岐部病変とは、歯周病が進行して歯槽骨が吸収し、根分岐部まで組織破壊が達した状態を言います。

根分岐部病変

重度歯周病による抜歯の判断にあたっては、さまざまな因子を総合的に考慮して行う必要があります。

歯周病治療での抜歯の判断

いかなる方法をとっても残す見込みがない歯に関してだけは、抜歯をお勧めする場合があります。

重度歯周病と抜歯

やむを得ず抜歯を余儀なくされた場合に機能性・審美性を回復できるインプラント治療についてご紹介します。

抜歯後のインプラント治療

歯列矯正の併用により、歯周病の住処を減らして歯周病治療の成果を上げ、長く安定させることが可能です。

歯周病治療と歯列矯正

歯周病専門医が得意とする審美的歯周病治療は、歯と歯ぐきのボリューム・ラインの調和がポイントです。

歯周病専門医による審美治療

健康保険診療には、検査項目、治療手段、薬剤など、厳しい制約があり、その治療成果にも限界があります。

保険による歯周病治療の限界

 

関連ページへのリンク