TOPへ戻る

  • 歯周病治療
  • 歯周病の症状
  • 歯周病の治療
  • インプラント
  • ドクター紹介
  • 検査・治療プラン
  • 医院紹介
  • アクセス

歯周病は治るのか?

歯周病は治るのか?

歯周病は、治る。

当院にはたくさんの歯周病でお悩みの患者さんがいらっしゃるのですが、よく患者さんから頂くご質問の中に、

歯周病は治るのですか?」

というものがあります。また、一般歯科医の先生からも同じような質問を受けることもあります。

歯周病が治ったという意味が、

擦り傷が治ったと同じような意味で理解され、元通りに戻ってそのまま二度と悪くならないということだとすると残念ながら治るとはいえません。 歯周病は、感染症の一種で歯周病原菌によって起きます。しかしその病原菌の種類は無数にあり、お口の中で生きています。

ですので完全に歯周病原菌をなくすことは不可能といえます。

お口の中が不潔になれば、また歯周病原菌の数は増え、ある一定量以上になればまた、症状が出ます。 ですので、歯周病が治ったということは、歯周病原菌の数が少なくなったということになり、その状態を維持しつづけていることを治ったと表現することになります。

お口の中を常に清潔に保つ不断の努力と、歯周病専門医による適切な治療によって、歯周病は治ります。

 

歯周病を治すには

前述のとおり、「歯周病が治る」とは、歯周病原菌の数が少なくなり、その状態を維持し続けることです。

歯周病原菌の数を少なくするには・・

1. 患者さんご自身によるプラークコントロール

歯科衛生士の指導のもと、正しい歯磨きの方法を身につけて頂き、常にお口の中を清潔に保つことが最も重要です。

2. 歯科医院でのプラークコントロール

とても残念なことですが、歯石除去「歯磨き」では達成できないのです。

自宅での歯磨きでは残ってしまう、この歯石があると、プラークやバイオフィルムの温床になりやすく、歯肉の中にどんどん歯石ができていってしまいます。そして、歯肉の中に歯石ができることによって、歯周病につながります。ですから、事前にこれを取り除くことが大切なのです。

上記の2点を前提として、歯周病の進行度合いに応じて、下記のような治療法があります。

一般歯科医院では困難な、歯周病に関する高度な専門治療を行っています。

中等度歯周病〜

⇒ SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

重度歯周病

⇒ 再生療法(失われた骨等の歯を支えている組織を回復する治療法)
⇒ 歯周外科(SRPでとりきれない歯石を外科的にきれいにする治療法)
⇒ 歯周補綴(揺れている歯同士をつなげて安定させる治療法)
⇒ フルマウスディスインフェクション(FMD)
⇒ 侵襲性歯周炎の治療
⇒ 根分岐部病変の治療

上記のページでは、実際に当院に通院いただき、歯周病が治った例をご紹介しています。

関連ページへのリンク