TOPへ戻る

  • 歯周病治療
  • 歯周病の症状
  • 歯周病の治療
  • インプラント
  • ドクター紹介
  • 検査・治療プラン
  • 医院紹介
  • アクセス

歯ぐきの異常(腫れ・痛み・出血)

歯ぐきの異常の原因

歯ぐきの腫れ、出血、痛みの原因について

当院の専門性からか歯ぐきの異常を見て下さいと多数の患者さんが来院されています。

ただ、歯肉の異常(歯ぐきの腫れ、歯ぐきの出血、歯ぐきの痛み)が現れる病気は多々あります。 以下に実際に当院に来院した患者さんの罹っていた病気を列記します。

1. 歯肉炎、歯周炎

いわゆる代表的な歯肉の病気です。歯の表面についた汚れが原因で起こります。
歯周病かな?と思ったら下記ページを参考になさってください。

⇒ 健康な歯ぐきの写真
⇒ 軽度歯周病(歯肉炎/軽度歯周炎)の写真
⇒ 中等度歯周病の写真
⇒ 重度歯周病の写真

2. 根先性歯周炎

歯の根っこの中が汚れているためにおきる病気です。症状が進むと歯肉が腫れます。

3. 不良補綴物

虫歯の治療の為に歯に被せられる人工の歯の出来が悪いためにその付近の歯肉が腫れることがあります。

4. 歯並び不良

歯並びが悪いとそれだけでも歯肉に炎症が現れます。

5. 全身疾患

ヘルパンギーナなどのウィルス性疾患、天疱瘡等の自己免疫疾患でも歯肉の異常が現れます。

6. 虫歯

虫歯が深くなり、歯肉と触れるようになると歯肉の異常が現れます。

7. 遺伝

生まれつき歯肉が薄い方は、通常のブラッシングでも歯肉が傷つき炎症が起きる場合があります。

このようにひとことで歯肉の異常といってもその原因は多種多様です。 歯肉の異常でお悩みの方は、一度、歯周病治療専門医による診査をおすすめいたします。