TOPへ戻る

  • 歯周病治療
  • 歯周病の症状
  • 歯周病の治療
  • インプラント
  • ドクター紹介
  • 検査・治療プラン
  • 医院紹介
  • アクセス

入れ歯が合わない・ずれる

入れ歯が合わない・ずれる

治療例1

60代女性の方で、総入れ歯が合わないのでその治療のために来院されました。

下あごの骨が大量に失われ、入れ歯が全く安定しない状態でしたので、下の入れ歯を安定させるためにインプラントを2本入れる治療を行い、そのインプラントと結合する装置を入れ歯の中に埋め込むことで、入れ歯を安定させることができました

入れ歯がお口の中で安定しているのでお友達との食事や会話を楽しむことができるようになりました。

治療例2

60代の女性の方で入れ歯が合わない、安定しないので来院されました。

下あごの骨が大量に吸収しているために入れ歯が全く安定しない状態でした。スポーツをなさっているそうで固定された取り外しの必要のない入れ歯をご希望なさったのでインプラントを入れその上に義歯を固定させる治療を選択しました。

まず噛み合わせの負担に十分に耐えられる数のインプラントを埋め込み、その上にねじで義歯を固定しました。結果として、非常に安定した義歯を作ることができました。

関連ページへのリンク