TOPへ戻る

  • 歯周病治療
  • 歯周病の症状
  • 歯周病の治療
  • インプラント
  • ドクター紹介
  • 検査・治療プラン
  • 医院紹介
  • アクセス

妊娠・妊婦と歯周病

マタニティ歯周病外来

早産のリスク

日本臨床歯周病学会の報告によると、
歯周病にかかっている人は普通のお産をした人に比べて7倍も早産や低体重児のリスクが高くなります。

妊娠中の女性が歯周病に罹患(りかん)している場合、早期低体重児出産のリスクが7倍も高まるという報告が、1996年に米国で発表されました
。早期低体重児出産とは、妊娠37週未満で2,500グラム以下の新生児を出産してしまう状態を言います。

妊娠や月経で分泌される女性ホルモンは、血中から歯と歯茎の境目にある溝に到達して、歯周病菌を増殖させてしまうという特徴があります。自治体が妊婦に歯科健診を勧める理由は、歯周病の有無をチェックさせるためなのです。

妊娠が発覚した、あるいは妊活を行なっている女性は、ぜひ歯周病の検査を行うことをおすすめ致します。

早産になる原因は歯周病菌による炎症

歯周病菌に感染すると炎症性サイトカインが過剰に出されることが原因とみられています。炎症性サイトカインは炎症を促進する細胞間物質で、炎症部分から血管にも入り込みます。妊娠中に炎症サイトカインの血中濃度が高くなるとそれが『出産の開始の合図』にもなり、陣痛や子宮筋の収縮などが起こると考えられます。

妊娠性エプーリス

妊娠中は、女性ホルモンの影響で唾液の分泌量が減少します。
唾液による殺菌作用と潤滑作用が損なわれ、歯肉炎や歯周病を引き起こしやすい環境になっています。
歯茎の表面が腫れあがり、炎症が歯槽骨まで達すると歯がグラグラしてきます。
妊娠性エプーリスは、歯周病を伴う場合があるので注意が必要です。
歯周病菌が血管内に入り込むと、早産(低体重児)になる確率がアップします。

 

子供への歯周病感染

歯周病は人から人へうつる感染症

歯周病は、お口の中の細菌による感染症です。歯周病の原因である細菌は、人から人へうつると言われています。
細菌は唾液を介してうつるため、歯周病に罹患している人とキスや食器などを共有することにより感染する可能性があります。
周囲への感染を抑制するためにも、適切な歯周病治療を行い、口の中の細菌を減らすことが大切です。
お子様が持っていなかった細菌が、歯周病の家族からうつるということはありますが、だからと言ってすぐに発症することはありません。

特殊な場合を除き一般的には歯周病には遺伝性はないと考えられています。

近年、小さな子供にも歯肉炎が増えていることが問題視されています。子供は、大人に比べて歯周病になりにくいですが、子供がかからない病気ではありません。そのため、小さいうちから定期検診を受け、正しい口腔ケアを身に付けることが大切でしょう。
正しいブラッシングを行い、定期的に歯科医院でのメンテナンスを受けることにより、歯周病は予防することが可能です。

遺伝性があると考えらえる侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)

10~20代に多く、急速に進行する特徴のある侵襲性歯周炎は、一般的な歯周病とは原因・治療法が異なり、改善されにくいです。全身症状はなく、歯周炎の症状だけが現れますが、前歯と第一大臼歯(6番/奥歯)にだけ発症するケースもあります。家族内で同様な症状が現れることもあります。進行しやすいため早期治療が必要で、一般的な歯周病治療に加え、薬物療法や外科的治療を行います。

侵襲性歯周炎

 

侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)の症状

まず歯茎が腫れて歯茎から出血しますが、この段階で適切な治療をすれば完治できます。これを放置しておくと歯を支えている骨へと影響が出始め、歯槽骨や歯根膜が破壊されて歯がグラグラしたり痛みを伴うようになり、最終的には抜け落ちてしまいます。

⇒ 侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)の治療例を見る

 

妊娠性歯肉炎

妊娠性歯肉炎の原因

妊娠中はホルモン(エストロゲンやプロゲステロンなど)の分泌が盛んになります。このホルモンを好む細菌が増えることにより、歯肉炎になりやすくなります。そのため、妊娠5~20週頃から歯肉が腫れたり、出血する事があります。
しかし、必ずしも歯肉炎になるとは限らず、日頃からの歯磨きをしっかり行えば歯肉炎を防ぐ事は可能です。出産後、ホルモンのバランスが落ち着くと治りますが、そのままお口の中を不潔にしておくと、軽度歯周炎へと進行して行きます。

主な症状

歯肉の色がピンク色から赤っぽくなり、歯ぐきがぷにぷにと腫れてきます。また、歯磨きのときに歯ぐきからの出血が見られます。

妊娠、妊婦と歯周病 妊娠性歯肉炎

治療方法

妊娠中は、歯科治療を避けたいところかもしれません。特に、つわりがある時期の治療は困難になることが多いです。 
口の中を清潔に保つことで症状は改善されるので、ご自宅での歯磨きを徹底することが必要です。
⇒ 正しい歯磨きの方法をご存知ですか?ご自宅ですぐにできる正しい磨き方を動画でご紹介中

歯科治療が可能な場合には、スケーリング(歯石除去)やクリーニング(プラーク除去)などのプラークコントロールを行います。
妊娠性歯肉炎が進行して軽度歯周炎になってしまうこともあります。出産後も歯肉炎の症状が続き、軽度歯周炎に移行するケースもあります。

歯科検診のすすめ

妊娠中は抜歯その他歯科治療の幅が制限されてしまいます。痛みが出た際、非妊娠時に出されていた薬が服用できず痛みに悩まされる事もあります。
痛くなってから歯科医院にかかるのではなく安定期に入ったら歯科検診を受け口腔内の環境を整えてましょう。

妊娠中は虫歯・歯周病になりやすくなります

妊娠初期は、つわりの影響によりブラッシング困難になります。非妊娠時も同じ事ですがブラッシング不足は虫歯と歯周病の原因となります。それに加え妊娠時は、つわりにより胃酸が逆流し口の中を酸性にします。口腔内が酸性に傾くと虫歯のリスクが上がります。結果、虫歯になりやすくなります。
妊娠時は積極的な薬の服用が難しいため痛みに悩まされストレスを感じ、母体だけではなく胎児にも影響を及ぼします。

出産後は子育てで精一杯に・・

出産後は、小さな赤ちゃんの子育てに忙しく、また、なかなか人に預けることもできませんし、歯科医院へ連れて行くのもままならないと思います。
そうこうしている間に虫歯・歯周病が進行して歯を抜かなければならなくなることもあります。だからこそ、安定期に入ったら一度歯科健診にお越し下さい。

 

マタニティ歯周病外来のご案内

清水歯科クリニックでは、妊婦さんを対象に「マタニティ歯周病外来」の受付をおこなっております。

各種検査のうえ、妊婦さんのお口の状態と歯周病に対する正しい知識をお伝えするとともに、ご自宅でできる効果的な歯磨きの方法の指導や、プラーク・歯石の除去など、歯科衛生士が中心に優しく丁寧に対応致します。
また、レントゲン検査や麻酔、お薬についてなど、妊婦さん特有の不安にもしっかり説明した上でご希望に沿いますので、安心してお問い合わせ下さい。

歯ぐきの腫れ、出血が気になる妊婦さんは、一度早めにご来院いただくと、出産まで余計な心配をせず過ごして頂けるかと思います。
(また、旦那さまの口腔内の状況も子育てには大切。旦那さまとのペアでの受診もお勧めしております。)

初診では、保険適用で自己負担3,000円程度です。

マタニティ歯周病外来: 03-3677-8211 [受付]9:30〜18:00 木・日・祝はお休みです。
※ 歯周病外来:03-5879-7023 とは異なりますのでご注意下さい。ホームページを見た、とおっしゃっていただくとスムーズです。

妊婦歯周病外来

関連ページへのリンク